eye to eye

@oku_saco

足が細くなってきた気がする。

お風呂に毎日浸かるのは、すごく大事なんだなぁと再確認した。

 

青いツールにまたやられた。

手を出してしまった。おばかさんだ。

しかも、またおもちゃを見つけてしまった。あちゃ。

どうしてこうも話が弾むのだろうか。

踏ん切りがつけられないではないか。

一回痛い目みたはずなのに、その痛みを癒そうと思ってしまう。

困る。

やっと、ひとりぼっちも悪くないな、って思えてきたのにな。

 

パートナーが居る人なんか相手にすべきではない。

別れるつもりだ、と言う男は絶対に別れを切り出さない。

私は私を卑下するほど自分を嫌っていない。

「私なんか、」という悲しい言葉なんてスーパー可愛い私に使いたくない。

しかし、どうして惹かれてしまうのか

それはきっと彼が私を死ぬほど甘やかそうとしているからだ。

彼に教養と趣味と身長があるからだ。

彼はきっと性行為が好きだからだ。

性感帯の予習なんてしたくない。もうこりごりだ。

もう汚れたくはない。

もっと純粋かつ賢く可愛く生きていきたいのに

どうしてこうも、私は茨の道を進んで行ってしまうのだろうか。

 

広告を非表示にする

simple

アルバイトを増やしたい。

無印良品に電話をかけたいけど、今のバイトの強烈な人手不足問題が解決するまで我慢。

もちろん無駄遣いも、がまん。

 

ああ ディオールの新発売のリップが欲しい。コーラルがいい。

shiroのサボンの香りのコロンが欲しい。清楚な香りをかいでみたい。

パラドゥのネイルファンデーションが欲しい。これは買う。

クリニークのクレンジングバームが欲しい。毛穴の黒ずみが落ちるらしい。

花柄のワンピースが欲しい。ジャケットに合うネイビーがいい。

キャンディスリーブでもいいけど、冬にも着たいからキャミワンピだと尚いい。

セリーヌのお財布がほしい。二つ折りでグレーのやつ。

フェラガモの靴がほしい。まだ若いから買わないけど・買えないけど。

 

欲しいものを思いついたときにポンポン買えるのって社会人の特権だよなぁ

金で解決できないような、青春みたいな楽しいことが、

大学生の特権なんだろうけど もうそんなのとっくに飽きている。

 

青いツールをやめようとおもった。

まだ2日しか経っていないけど、

最後のチャットに返信がついているかどうか気になるけど、

それでも、やめたい。

「それでいいんだよ」「かわいそうに」って言う人が居る限り、

私は一生前を向けないしプライドがどんどん高くなるだけだ。

「そんな私」を私は好きじゃないのに、「そんな私」を好きだよって言う人に惹かれるなんてだめだめだ。

だめなんだって最初からわかってた。中学2年生の時からずうっとわかってた。

あの時は何が必要だったんだろう

きっとタイムマシンが必要だったんだ。

タイムマシンで、私が中2の私に会ってお話すればよかった。それだけのことだったんだ。

ありがとうございました。

7年かかったけど、もうこりごりだ。

画面越しの恋愛に運命匂わせるなんて青臭すぎるって気づいた。

広告を非表示にする

憂鬱になる薬を服用している

『ハーバードの人生を変える授業』によると、

運動は鬱に効果的らしいです。

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

 

 「運動しない」ことは「憂うつになる薬を服用しているのと同じようなもの」(p16より)

という文にハッとした。

そんなこと言われたら運動したくなる~~

ので帰りにヨガマット買っちゃう~~~~

運動しだしたら痩せるし寝れるし最高だなぁ(続けば話)

 

眼鏡を新調したい。

JINS派だったけど、ゆうこすがZoffで眼鏡を買っているらしいので

Zoffをチェックしてみた。

JINSより全然安いんだなぁ…とびっくり。

軽くて安くてかわいいフレームがたくさんあった。

ボストンでクリアなブラウン、そんでもってチタンのつるがついてるやつ。

か、田中里奈ちゃんコラボのべっこうのフレームのやつかな~

軽さを選ぶか・オシャレさを選ぶか…

今度コンタクトつけて試しにいこうっと

 

英語

留学先で、人を信じられなくなるくらい傷付いた。

英語を話すことで、悲しい事を思い出すことがよくある。

大人数の女の人が怖くなった。

 

悪いのは、すべて自分だってことは悲しいほどよく分かる。

でも、あのとき流し続けた涙や

三食一人ぼっちで食べたことや

けがを負ったら帰れるんじゃないか、と思ったことなどは

原因がどんなに自分が悪くても

自分をかわいそうだと思ってしまう。

誰も助けてくれなかったし、助けてくれるなんて思っていなかった。

あの孤独を、未だに受け入れられないのは私が我儘なんだろうか。

沢山のお金を払わせて、帰ってきたのは英語が話せない精神を病んだ娘だなんて

親がかわいそうだと思った。

でも楽しい話なんてできなかった。

たぶんこれからも一生しないだろう

あそこで出来た友達や、思い出は、悲しみに埋もれてもうどこにもない。

最初から無かったことにしたい。

一生心配されていたい。

このままじゃいけないって分かっている

私には中途半端な英語しかないのだ。

もう、味方だってたくさん居るのだ。

でも死ぬほどこわくてまた泣いちゃうんだ

広告を非表示にする

ピンクと白

お給料日です。

早速、無印良品でカットソーをゲットしました。

タートルネックと、クルーネックのカットソー。

どちらも黒と白のボーダーで、デニムと相性がよさそう。

はじめは、くすんだピンク色を手に取りたくなったけど、

開いてじっくり見たら おばさんっぽいなぁと思ってしまった。

でも、H&Mではピンク色のクロップド丈パーカーを買った。

ピンクを手に取ってしまうのはまだまだ若いからか、

それとも春のせいなのか。

 

コーデュロイのジャケットがほしい。

色は生成りに近いホワイトがいい。

デニムに合わせやすくて、カジュアルめなやつ。

セレクトショップには無かった…のでオンラインで買っちゃった。

早く届かないかなぁ

デニムの台形スカート。スキニー。ワイドパンツ。

何にでも合って可愛くしてくれるジャケット。

 

カジュアルさとサブカルさを合わせ持ちすぎて

もはやおばあちゃんだな~って女の子にはなりたくないけど

そういう女は男受けがいい。何故だか。

私は薄っぺらい女です!!!!!って言ってるようなものなのに

ちょっと薄ぺらいほうがお手頃なのか、楽なのか、

手に取りやすいのか、扱いやすいのか、、、

ナチュラルな女になりたいものだなぁ

広告を非表示にする

お洋服となんとなく

Instagramを改めて始めました。

と、いうのも素敵な素敵なインスタグラマーの投稿に影響され、

写真を撮ろう!と思い始めたからです。

彼女のファッションセンスが好きすぎるぅ…

ナチュラルかつキュート…そしてシンプル…

アメリカンアパレルに行きたくなる。プリーツスカートを履きたくなる。

日本撤退が悔やまれる。

 

春はどんなアウターを買おうか、と考えるのが楽しい。

MA-1、トレンチコート、デニムジャケットがすき。

今年は何を着ようかなぁ

カジュアルなのも着たいし、女の子らしいものも着たい。

スニーカーも履きたいし、パンプスも履きたい。

リュックも、トートバッグも。

春が待ち遠しい。でもすぐ終わっちゃうんだよな、やだなぁ

もうマフラーと手袋にも飽きちゃった。

 

「適当に考える」って死ぬほど難しい。

考えること自体はとても楽しいからだ。

考え過ぎることがよくある。自覚してる。

最近、1人の時は「てきとう」とか「なんとなく」を意識している。

あまり考えすぎないようにすることは、大事だなぁと思った。

あまり考えすぎないように眠ったら、よく眠れたからだ。

 

最近は、また違う人と話すようになった。

ほのぼのとした彼は、ある日突然めっきり話さなくなってしまった。

べつに喧嘩したわけじゃないし、嫌いになったわけでもない。

ただ彼は一生懸命暮らしているんだ

それを、寂しいからって邪魔してはいけない。

さびしかったよって言うと喜ぶけど、喜ぶだけなのを私は知っている。

忙しそうだ。

がんばってほしいな。

 

最近話す、映画が好きな人も忙しそうだ。

小芝居が楽しい。とぼけてもちゃんと拾ってくれる。

話していて、ストレスフリーだ。

恋したいねぇって言って、恋人同士でしたいことを話す事が好きだ。

「君」としたいんだよ、って直接的に言わない。

でも、お互い「君と」って体で、楽しそうに話す。

すぐに会おうよって言うのも なんとなく飽きてきたのでちょうどいい。

会ってどうにかなるのは分からない。

セックスするかもしれないし、ひとめぼれするかもしれないし、殺されるかもしれない。

もうそのスリルを味わうのもそろそろ飽きた。

新しい人を求めるのに飽きてしまった。

もっと、深く人と関わりたいなぁと思ってきた。

良い傾向だ。

 

もうすぐ二十歳になる。

長い長い二十代に突入する前に、何か一発かましてやろうかと思ったが

このまま何もない生活を継続するのも悪くない。

じっくり生き続ける準備をしたい。

カルテット5話と睡眠の話

『カルテット』ガチ勢の解釈能力パないです。5話です。

ありすちゃん!!!!!!!!!でしたね。

吉岡里帆ちゃんパないです。やめて~!ってテレビの前で叫んでました。

そんでもって夫さんが工藤官九郎~!!!

完全にハートをキャッチするキャスティングじゃないですか。

ハードルを悠々と超えてくる『カルテット』…

視聴率は低迷しているらしいですが、信じられないですね~

今回も高橋一生は最高でした。最高でした。

 

昨日は、久々に経緯を説明して泣いてしまいました。

それからは「寝たまんまヨガ」も効かず、ずうっと考えてしまいました。

君はどうしたいの? この状況を打開したいの?

と、訊ねられると何も言えなくなってしまう。

 

最近は「寝たまんまヨガ」というアプリを入れて、寝落ちしていました。

初めて使う人には断言できます。寝れます。

ただ段々効かなくなる。しょうがないけどね

 

やっぱり彼と話さないと調子が狂う。

でも忙しそうだから我慢しなくちゃ、束縛する権利なんてない。

人の物になろうと必死だ。見苦しい。

でも依存しなくちゃ壊れそうになる。それが怖い。

もっと距離が近かったら、なんて考える自分も怖い。

自己嫌悪も、病みも、苦い思い出も、

すぐ忘れられるお薬はきっと恋愛なんだと信じ込んでいるけれど、

違うのかもしれない