eye to eye

@oku_saco

break

やりたいことが見つからない。

何の為に大学に行っているのかわからない。

もう分からないくてもいいんじゃないかな

 

すきなひとと結婚したい

コンビニに行ってアイスを買いたい

公園であそびたい

いっしょにごはんを食べたい

大晦日に除夜の鐘をつきに行きたい

ケンカして仲直りしたい

いっぱいの色んなことがしたい。

 

来週の水曜日にお医者様に診てもらうことになった

ついに。

よくない結果がでても自分のことすきになれるといいな

よくない結果がでたら私の悪いところを理解できるようになるかな

がんばろう

 ゆっくり呼吸ができるようになろう

 

広告を非表示にする

曖昧な言い回し

「最高な夜だった」と言ったひとに「どういう点が最高だったの?」

なんて野暮でナンセンスな問いかけをする人とは、多分最高な夜は過ごせない。

最高な夜はひとによって違うし、

それを具体的に説明したって、同意を求められるとは限らない。

同意が得られなかったどうなるの?

それは本当に最高だったの?なんて言うの?

人の好みや 価値観を曲げる事なんてしちゃいけないのかもしれない

 

理想の女の子になるのは簡単なのに、それを維持するのって本当に難しい

やっぱり土曜日には告白された。告白って言うよりかは「申請」だけど。

付き合いませんか?って、どんな気持ちで言ったんでしょうか。

昨日電話して、私とあなたの間には何が生まれたんでしょうか。

私は理想の女の子じゃなかったって気づいて、一体どんな気持ちになったんでしょうか。

 

傷付いた?引いた?やっぱり私は必要ない?

必要になりたいのかも、分からない。

たぶんわたしはあなたの事、本当に心から好きにはなれない。

でも、理想に近づくことが快感で、私は心から離れようとは出来ない。

さくら色のマニキュアにゴールドのホロを薬指に散らして、

ネイルと同じ色のトップスに、お尻が綺麗に見えるレースのタイトスカート。

セミマットなお肌に、青みのあるピンク色のチークをふわっと入れて

上品に光るハイライトで凹凸を作って、仕上げにコーラルピンクの口紅。

ふと鏡で見たら、上から塗ったオイルの艶に惚れこみそうになった。

月に1回、こんなにかわいい自分を演出できる場を用意できるなんて

嬉しいにもほどがあるな~~と思ってしまうな

 

傷つけたくないのに、どうしてここまで

わがままなんだろうな

広告を非表示にする

good bye

今の気持ちが分からない

観覧車をやめて何か意味があったのだろうか

あの人は私の何だったんだろうか

ごめんなさいとしか言いようが無い

なんだか

最近またメンがヘラってきた気がする

どこまで私はあの人に踏み込めばいいのか

違う人には土曜日に告白されるんだろうかとか

まつげを上げながら考えているのに

なんだか彼にも申し訳なくなってきて

わたしはやっぱり安楽死がお似合いなのかもしれない、と

急に思い立つことがよくある

 

今までの浪費や

美への追及やファッションは

都会にとっては風が吹くくらいに当然でちっぽけなことで

人が多いところで生きていくことにただただ

すごいなぁと感心するばかりだ

 

やっぱりわたしもう無理なのかもしれない

思っていたより、みんなには友達がいて

ひとりぼっちじゃないのに

みんなおんなじだって言ってるのだって狂気を感じるよ

みんなにはみんなの友だちがいて

にこにこしてるのに、わたしには誰がいる?

自己中心的?みんなってだれ?

気にしすぎ?自意識過剰?

うるさいうるさいだまってよ

はやく、迎えにきてよ

水分と睡眠が足りないわたしに

お願いだから化粧品と服をちょうだいよ

 

精神安定剤は男の子とセックスと

かわいい服と爪と化粧品とわらうこと

でもぜんぜん安定しないのなんでだと思う?

どんなに水を飲んでも口の奥が苦くて

友達は幸せそうで嬉しそうで

よかったね!って笑顔で言えないのが苦しいの

大好きなんだよ分かってるよね

でも 私は私のことが一番好きなんだよ

広告を非表示にする

君に胸焦がさない

焦がしている相手がいる。

もうこんがり焼けている。

好きなところが沢山ある。いや、言い過ぎたかも。

でも、久し振りに一日中頭から離れなくて、

ああこれって 好きって事だ!

ってビックリしながらにやけた。

 

全部連れてってあげる

やりたい事全部一緒にやろう

迎えに行くから

そういうところも好きだよ

宇宙人だって言われない限り引かないよ

 

大袈裟で、でも本気でそう思ってるんだ彼は。

彼は盲目になってるんだ、でも教えてあげない。

ずぅっと私しか見えなくなって欲しいと思えるくらい、

久し振りに夢中な相手なのだ。

久し振りに、悲しい結末なんか予想出来ないひとなんだ。

 

ああ

私がデブは嫌いって言って、

「痩せる」って即答したあなたを

うんと幸せにしてあげたい。

私が留学のことで泣いたとき、

いっしょに泣いてくれたあなたを

好きにならない私はいない。

愛しくて愛しくてたまらない。

心が綺麗で、でも汚い自分に嫌気がささない。

 

終わらせたくない

広告を非表示にする

ユニクロでランニング用のパーカーを買った。

翌日、るんるんで走ったら脱水症状になってしまい生死を彷徨った。

こわかった。

人間は水を飲まなきゃ死ぬんだな…と再確認した。

死ぬんだったらあんなに苦しんで死にたくないな…

 

JILL by jill stuartのスカートを2枚買った。

どちらも紺色の上品な花柄。フレア。

一般ウケが最高に良いんだろうなぁ

形がストンとしてないから、小柄な私に似合いそうだ。

上には何を合わせるべきなんだろうか。

あんまり媚びてないシンプルなブラウスや、タイトなリブニットが似合いそうだけど、

それ以外に何が合うだろうか。

オフショルダーには合わないし、考え物だなぁ

春夏はサッパリ系でコーデするのが楽しいな。

秋冬は露出しない分、ちょっとお色気を混ぜるのが楽しい。

春は難しい。

清楚が映える季節だから、ちゃんといい子にならないと。

 

先週は泣き過ぎた。

もっと耐えつつ、ちゃんと味方を増やしていかないと。

広告を非表示にする

36歳と、29歳。

技術者とコールセンター勤務。

どちらも面白い。

もっと若かったらよかった。でも、若かったら話せない。

私は、若者コンプレックスなのかもしれない。

全ての元凶はおじさんが私を持ち上げるせいだ。

どうしようもなく高くなったこのプライドは、もう絶対に折れないんだろうか。

もう、キラキラしたかわいい恋は私には無理なんだろうか。

 

メッセージありがとうございます、

はじめまして、学生ですか、

映画好きなんですか?

この繰り返しにも飽きてきた。

家族だって、恋をしたからここにいるんだ。

若くて一番かわいいときに、どうしてこんなに悲しいんだ。

どうしてこんなに虚しいんだ。

会ってセックスして、彼女になりたかったって嘆いて何になるんだ。

セックスは好きなのに、

する相手のことを好きなれないのはどうしてなんだろうか

広告を非表示にする

足が細くなってきた気がする。

お風呂に毎日浸かるのは、すごく大事なんだなぁと再確認した。

 

青いツールにまたやられた。

手を出してしまった。おばかさんだ。

しかも、またおもちゃを見つけてしまった。あちゃ。

どうしてこうも話が弾むのだろうか。

踏ん切りがつけられないではないか。

一回痛い目みたはずなのに、その痛みを癒そうと思ってしまう。

困る。

やっと、ひとりぼっちも悪くないな、って思えてきたのにな。

 

パートナーが居る人なんか相手にすべきではない。

別れるつもりだ、と言う男は絶対に別れを切り出さない。

私は私を卑下するほど自分を嫌っていない。

「私なんか、」という悲しい言葉なんてスーパー可愛い私に使いたくない。

しかし、どうして惹かれてしまうのか

それはきっと彼が私を死ぬほど甘やかそうとしているからだ。

彼に教養と趣味と身長があるからだ。

彼はきっと性行為が好きだからだ。

性感帯の予習なんてしたくない。もうこりごりだ。

もう汚れたくはない。

もっと純粋かつ賢く可愛く生きていきたいのに

どうしてこうも、私は茨の道を進んで行ってしまうのだろうか。

 

広告を非表示にする